操作画面にヒントテキストを追加

2019年8月20日(火)より順次、クラウドサインの操作画面上にガイド(ヒントテキスト)が追加されます。ガイドマークは3種類となっており、各マークをクリックすると補足説明が表示されます。詳しくはこちらをご覧ください。

チャットサポート機能を向上

2019年8月19日(月)より、クラウドサインの画面右下にあるチャットがより便利になります。チャットでのご質問のみでなく、ヘルプセンターやその他手続きへのアクセスが可能となります。詳細はこちらをご覧ください。

一括送信もアクセスコード対応

クラウドサインから書類を一括送信する際、受信者各個人に対してアクセスコードを設定することが可能となりました。アクセスコードは、本人性の確認を強化するために活用できる機能です。アクセスコードに関する詳細はこちら

フリーテキストのコピーが可能に

クラウドサインで契約書を締結する際、フリーテキスト欄に記入された情報は画像として配置されていたため、テキストのフォマットでの取得はAPI経由でのみ可能でしたが、この度の機能アップデートでフリーテキスト記入事項を画面上でコピーすることが可能となりました。詳細こちら

【重要】システムメンテナンスのお知らせ

いつもクラウドサインをご利用いただきありがとうございます。

下記の通り、システムメンテナンスを実施いたします。

メンテナンス期間

5月19日(日) 04:00~07:00(JST) ※メンテナンス終了次第システムは再開します。

想定される影響

データベースのメンテナンスを行うため以下の状況が発生いたします。

  • クラウドサインの Web 画面へアクセスするとメンテナンスページが表示されます。 メンテナンス終了後にアクセス可能となります。

  • クラウドサインの API へアクセスするとエラーとなりエラーコード 503 が送信されます。 メンテナンス終了後にアクセス可能となります。

メンテナンスの目的

データベースが取り扱える文字コードの拡張を行います。 内部的には、MySQL が取り扱う文字コードの種類を utf8 から utf8mb4 に変更します。 既存のユーザーデータ、書類データへの影響はございません。

メンテナンスにより可能になること

  • 画面上で入力したり、APIで設定できる文字の種類が増えます。

フリーテキスト/押印の表示における制限事項

  • フリーテキストや押印においても、入力できる文字の種類が拡張されます。
  • フリーテキストや押印のPDF上での表示に関しては、従来と同様、拡張部分の文字が正しく表示されず、代替文字での表示となります。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 今後ともクラウドサインをご愛顧くださりますよう、よろしくお願いいたします。

【お詫び】障害発生と復旧のご報告

平素よりクラウドサインをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、Slack連携機能につきまして障害が発生いたしました。 復旧の対応が完了いたしましたので、経緯のご報告と改めてお詫びを申し上げます。

障害範囲

  • 発生期間:2019年04月15日(月) 15:09 -2019年4月18日(木) 10:44
  • 影響範囲:スタンダードプラン以上をご利用中かつSlack連携機能をご利用中の一部のお客様

障害内容

  • Slack 連携機能による通知が来ない
  • 新規の Slack 連携設定の追加ができない

発生原因

開発に際しての人為的ミス

再発防止策

  • Slack機能に関わる担当者の権限付与の制限(限られた担当者のみに操作権限を付与)
  • 操作権限を持つ担当者全員に対してのオリエンテーション実施

この度は皆様にご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ございませんでした。

今後、このようなことがないよう弊社内にて再発防止に努めて参ります。 ご不明点やお困りごとなどございましたら、クラウドサイン運営事務局までご連絡ください。

今後とも、クラウドサインを何卒よろしくお願い申し上げます。

過去の契約書データが取込可能に

過去に紙で締結した書類をデータ化したものをクラウドサインに取り込むことが可能となりました。本機能を活用することで、発注書・申込書・契約書などの取引関連書類をクラウドサイン上で管理することができるようになり、「書類を探す」「期日管理をする」などの手間の大幅な削減を実現します。本機能はクラウドサインSCANのお申込から承っております。

書類一覧画面のUIを改修

管理書類の画面で書類一覧を表示した際の見え方を改修いたしました。主な変化は次の2点でございます。「①書類のステータス(進行状況)で絞り込みが可能になりました」「②ステータス(進行状況)表示のデザインが変わりました」 本件に関する詳細はこちら

合意締結証明書APIをリリース

クラウドサインWeb APIの昨日が拡張されました。これまで、合意締結証明書は、クラウドサインにアクセスした上でダウンロードする必要がございましたが、この度のリリースで、API経由で取得可能となりました。本件に関する詳細は こちら

システムメンテナンスのお知らせ

システムメンテナンスのお知らせ いつもクラウドサインをご利用いただきありがとうございます。

下記の通り、システムメンテナンスを実施いたします。

メンテナンス期間

2019年1月15日(火) 04:30~05:00(JST) ※メンテナンス終了次第システムは再開します。

想定される影響

データベースのメンテナンスを行うため以下の影響が発生いたします。

  • クラウドサインの Web 画面へアクセスするとメンテナンスページが表示されます。 メンテナンス終了後にアクセス可能となります。

  • クラウドサインの API へアクセスするとエラーとなりエラーコード 503 が送信されます。 メンテナンス終了後にアクセス可能となります。

メンテナンスの目的

データベースのバージョンアップに伴うメンテナンスとなります。機能の追加はございません。

当日のお知らせに関して

ステータスページ( https://status.cloudsign.jp )にて、状況報告をおこないます。

本件に関するお問い合わせ先

contact@cloudsign.jp へメールでお問い合わせいただくか、 クラウドサインの Web 画面右下に表示されるチャットからお問い合わせ下さい。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 今後ともクラウドサインをご愛顧くださりますよう、よろしくお願いいたします。

No published changelogs yet.

Surely cloudsign will start publishing changelogs very soon.

Check out our other public changelogs: Buffer, Mention, Respond by Buffer, JSFiddle, Olark, Droplr, Piwik Pro, Prott, Ustream, ViralSweep, StartupThreads, Userlike, Unixstickers, Survicate, Envoy, Gmelius, CodeTree